副業ニュース

コロナ禍の今転職はすべき?不安な人は副業をするのがオススメ?!

コロナ渦の今転職はすべき?不安な人は副業をするのがオススメ?!

 

コロナ禍の今転職を考えている方も多いはずです。

会社の業績が落ちて収入が減った・・・

体制が変わり今の会社で働いているメリットが無くなった・・・

もっと稼げる仕事をしたい・・・

今の職場が嫌で早く離れたい・・・

理由は様々ですがコロナによって変化した会社の体制や給料、人間関係などの不満を抱えている方は転職を視野に入れていると思います。

ただ、やはりコロナの影響で同業他社も売り上げがキツイだろうから今転職活動しても雇ってもらえないかも、今は会社を辞められないという悩みを抱えているという声も聞きます。

そんな方は副業がお勧めです。

副業をすることで転職を有利に進める事が出来ます。

ただ、副業をする場合には注意点もあります。

そこで今回は以下のようなテーマについて詳しく説明していきます。

一つ目 コロナ禍での転職は良いのか?

二つ目 自分にベストな転職先を見つけるには?

三つ目 コロナはピンチではなくむしろ転職においてはチャンス?!

四つ目 転職で重要なポイントについて!

五つ目 コロナだからこそ転職前にやっておきたい事とは?

以上5つのテーマで説明して行きます。

転職を考えている方は是非ご覧ください。

コロナ禍での転職は良いのか?転職には向き不向きがある?!

コロナ禍という事もあり転職を思いとどまっている方も多いのではないでしょうか。

今、どの業種非常に厳しい状態が続いています。

売りえ上げはコロナ前と比較すると3分の1以下という所もあります。

業種によっては倒産、廃業、閉店といった措置を取らざるを得ないところも存在します。

コロナで大変な時期に転職するという行為は果たして正解なのでしょうか。

結論としては「正解であり不正解」になります。

なんともキレの悪い回答になりますが、これには理由があります。

転職したほうが良い人としない方が良い人がいるからです。

転職したほうが良い人の特徴として以下のようになります。

  • 外交的
  • 好奇心旺盛
  • 決断したことにクヨクヨしない
  • 金銭的余裕がある
  • プライドが高すぎない
  • 楽観主義

こういった特徴がある人は転職しても結果を出しやすいですし、転職したことを公開しないので上手く行きやすい傾向にあります。

反対に転職しない方が良いという方の特徴は以下のようになります。

  • 内交的
  • インドア派
  • ストレスを溜めやすい
  • 金銭的余裕が無い
  • 人の目を気にしがち
  • 心配性

こういった特徴に当てはまるという方は転職しても後悔してしまったり、前の会社の方が良かったとさえ思ってしまうでしょう。

ストレスを溜めやすく後悔しやすいというのはリスク回避能力が高く人類の進化の歴史からすると生き残ってきた人間の特徴とも言えると思います。

ただ、保守的な面があるので転職という大きな決断をするまでにストレスを溜めたり体調を崩しやすいので場合によっては転職をしない方が良いという方もいます。

このように転職をした方が良い人もいればしない方が良い人もいるので正解はその人次第です。

転職したいと考えている方は是非自分がどちらのタイプなのか見極めてから行動しましょう。

自分にベストな転職先を見つけるには?

転職したいという方はどういった転職先が良いのでしょうか。

ベストな職場を見つけるためにはこのような点は押さえておきたいところです。

  • 仕事のやりがいが持てそうかどうか
  • 収入に満足できるか
  • 社内の環境が自分に合っているか
  • 従業員の雰囲気

このような点は確認しておきたいところです。

自分にベストな転職を見つけたいなら口コミや評判を見るのも良いでしょう。

ただ注意しておきたいのが会社の口コミや評判というのは悪く書かれがちです。

満足している人はわざわざ口コミなんて書きません。

むしろ不満を持っている人の方が具体的に口コミを書きやすいのでどういった不満が生まれるのかという点を参考にする程度で良いと思います。

全ての口コミや評判を鵜呑みにするのは止めておきましょう。

基本的には同じ業種で転職すると思いますが、会社によっては全く異なる業務を任されることもあります。

こういったパターンは社会人ならよくある事だと受け入れる事が出来る方もいると思いますが、受け入れられない人もいます。

慣れない仕事がストレスになってしまい結果自分には合わないと感じてしまうケースもあります。

転職する際は面談などがあるり質問できると思いますので仕事内容の流れや各部署の状況確認もしておくのがお勧めです。

せっかく転職するなら自分に合った会社を選びたいと思うのは当然です。

納得のいく会社に転職しましょう。

コロナはピンチではなくむしろ転職においてはチャンス?!

コロナ禍で転職するのが怖いという方は自分のスキルに自信がないというパターンもあります。

今の会社では重要なポジションを任されていたとしても転職先でそのスキルや経験が生かせるのか不安になるのも分かります。

自分の強みを把握するためにも自己分析を行うのがお勧めです。

自己分析を行う事でキャリアを振り返り自分に自信をつけると共に新しい発見をすることもあります。

転職が不安という方は自己分析を行い何ができるのか、どういった強みがあるのか理解しましょう。

転職というのは今回のようなコロナの場合はむしろチャンスだと思います。

なぜなら本当に必要とする人材しか受け入れないのでコロナが終息した後もしっかりと雇用してもらえる可能性が高いからです。

その分転職活動が少し長引いたりなかなか決まらないというデメリットはあるのですがその会社で長く働くというのであれあば中長期的に見ても利点はあります。

また、コロナ禍での転職というのは圧倒的に人数が少ないと思います。

「今はまだやめておこう....」

「コロナが落ち着くまでは転職活動は止めよう....」

と考えている方の方が多いでしょう。

そうなると今は競争率自体が少なくなります。

その分希望の会社に転職が出来る可能は上がるのでむしろチャンスだと思います。

コロナという大変な時期という事もあり、今日本を含め世界中が大変なことになっています。

「こんな時に転職?」

「今じゃないんじゃないの??」

そんな言葉を投げかけれれるかもしれません。

しかし、コロナが流行している今だからこそ働き方や仕事内容を重要視するべきだと思います。

本当に今の会社で良いのか、この会社に居続ける事で自分の成長になるのか、後悔しないかを考えてみてください。

ピンチはチャンスと言いますが本当にその通りだと思います。

転職するなら早い方が良いです。

いつ転職するのか、今がその時です。

悔いのないように行動しましょう。

転職で重要なポイントについて!

コロナ禍であっても無くても転職する際には重要なポイントがあります。

それは転職する時期です。

一刻も早く転職したいという方を覗き転職する際にはどのタイミングで行うか慎重に判断しましょう。

一般的に新卒で入社した人は3年はいた方が良いという話を聞きます。

3年位するとその業種に慣れてきて大まかな業界の仕組みや内容が把握できるとされています。

経験値を得るためにも3年はいるべきという方もますが、正直これは業種にもよると思いますし、会社側の要望なだけで強制ではありません。

3年も会社にいると需要な場所を任され始めたり、後輩が出来るので辞めにくくなります。

また、ダラダラと続けているうちに慣れが出てくるのでこのままこの会社にいても良いかなと思ってしまいます。

会社としては長く働いてもらった方が良いので出来るだけ辞めないで欲しいと考えています。

採用面接などのコストもあるのでそれを考えると辞めさせたくないというのも理解はできるのですが納得は出来ません。

半年でも1年でも辞めたほうが良い、転職したほうが良いと感じたのであれば時期を見極めて辞表を出すか転職しましょう。

社会人1年目は右も左も分からない状態です。

私が辞めることで誰かに迷惑がかからないか、損失が出るのではないかと責任感が強い人は思ってしまうかもしれません。

しかし、新卒が一人辞めた位で回らなくなるような会社であれば未来は無いので早めに去ったほうが良いと思います。

入社も退社の個人の自由です。

また、迷惑という事はないと思います。

すでに研修中に沢山の人に迷惑をかけているので手遅れです。

退職、転職する時期としては次の新卒が入ってくるタイミングが望ましいので2月から4月までが良いと思います。

これは会社のためではなく自分の為です。

転職の際に途中で入社するとかなり目立ちます。

皆から注目されてしまうので嫌でも人の目線が気になります。

目を付けられても嫌なので新卒が入社するタイミングで入ることでこちらに目を向ける人が少なくなります。

その一方で新卒と同じような扱いをしてもらう事も期待できるので個人的にはこのタイミングがお勧めです。

かなり重要な点だと思いますが、あまり気にしないという人もいます。

メリットも大きいので是非参考にしてみてください。

コロナ禍だからこそ転職前にやっておきたい事とは?

今回の記事で一番重要な話になると思っています。

というのも転職しようと考えた際にやっておきたいことがあります。

それは副業です。

どうして辞めるのに副業をするのか?

転職活動もしなくてはいけないのにどうしてやることを増やすのか?

こういった疑問の声が聞こえてきそうなので先に言っておきます。

転職活動は想像以上に大変で、すぐに再就職先が決まるかどうか分かりません。

「先ほどまではあれだけ転職はした方が良い、すぐ転職した方が良いというような話をしていたのにも関わらず副業しろだなんて無茶苦茶だ!」

そう思った方もいるでしょう。

確かに前向きな情報発信ばかりしていましたが、だからこそ綺麗ごとだけで終わらせるのは良くないと思いました。

本当に転職する場合はどうなるのか、成功してすぐに再就職できるかもしれませんが、反対に出来ない可能性も十分あります。

いくら自分が入りたいと思ってもその会社の募集がなければ入社出来ません。

また入社の条件に自分があっているのかというのも調べないと分かりません。

転職活動にはお金もかかるので副業をしておくのがお勧めです。

副業を行う事で本業に上乗せした形で給料が入ります。

生活の質を上げる事も出来ますし、何かあったときのために貯金も出来ます。

コロナという大変な時期という事もあり、副業をするのも大変です。

パートやアルバイトといったものよりもネット環境さえあればいつでもどこでも作業ができるネットビジネスを副業にするのが良いでしょう。

転職活動中のちょっとしたスキマ時間を利用して作業ができれば効率良く稼ぐことも出来ます。

ただでさえコロナによって収入が減っている方が多いと思いますので副業を行い補填も出来る副業は転職をしない人にもお勧めです。

最近は多種多様なネットビジネスがあり副業として無理なく行う事が出来るので本業が忙しい方もやるべきでしょう。

副業に選ぶビジネスの特徴と注意点

一応副業向きなビジネスがどういったモノか具体的に説明するとまず、手軽にできるビジネスを選択するという点が重要です。

転職活動が長引く可能性も考えると片手間でも出来るようなビジネスを副業にした方が良いです。

本業の仕事もありますので手軽さで選びましょう。

また、収入も大事です。

副業で稼いだお金以上に転職活動資金がかかってしまうと貯金から切り崩さなくてはいけません。

そうなると貯金がどんどん減って転職しても翌々月まで生活できないなんて事になる場合も考えられます。

お金が貯まるまで転職できないという状態に陥らないよう副業ではしっかりと稼げるビジネスを選ぶのも重要です。

そして継続できるものを選ぶこれも大変重要です。

継続できないようなビジネスは作業が大変だったり時間がかかるケースが多いです。

また転職が上手く行っても転職先の会社の業績が悪化する可能性も十分考えられるので本業の他にも収入源を確保しておくというのは将来的なリスクヘッジになるので推奨します。

こういった特徴のビジネスを転職しつつ行う事ができればスムーズに事が進みその後も充実した生活を送ることが出来るでしょう。

こういったビジネスは数がかなり少ないので探すのが大変です。

運よく見つけても募集が終了していたり、タイミングを逃してしまうケースもあるので事前に調べておきました。

このような特殊な条件に当てはまるビジネスが最近登場しています。

気になる方は是非下記にあるボタンから公式ページをご覧ください。

きっと満足できる副業になると思います。

転職を考えている方は是非挑戦してみてください。

必見!!

お勧めの最新副業を知りたい方はコチラから!!▼▼▼

詳細はコチラにてどうぞ!

スタイルス

【再現性が高い副業で収入UPを目指す!】
初心者でも簡単のスマホ操作で稼ぐ人続出!
1日30分でもOK!スキマで稼ぐスマホ副業
  • ライフスタイルに合わせて働きたい方
  • 今の収入に物足りなさを感じている方
  • 時間場所に縛られず生活を変えたい方

-副業ニュース
-, ,

© 2021 スタイルス副業とは? Powered by AFFINGER5